本文へスキップ

新潟県工業技術総合研究所は、工業系の技術支援機関です。

【試験方法】汗汚れ・泥汚れ(汚れの調製方法)



 繊維製品(衣服)では、汗によって染料が下着に移染したり、汗をかいたまま太陽の光を受けることで普通以上に変退色することがあります。

 また、スニーカーや子供服などは、なかなか落ちない泥汚れに悩まされているところです。

 繊維製品の製造にあたってはこれらの汚れに対し、製品の耐久性(色)や防汚性を検査しなければなりません。

 本報では、一般にはあまり知られていない人工汗液や泥汚れの調製方法についてお知らせいたします。

 人工汗液については、主成分にL-ヒスチジン酸や塩化ナトリウムを含むことは共通しますが、JIS法、ISO法、AATCC法、ATTS法により違いがあります。また汗液のpHについてもJIS法やISO法には酸性とアルカリ性がありますが、AATCC法、ATTS法には酸性汗液しか規定されていません。

 泥汚れについてはJISや国際規格に規定がありませんが、洗剤メーカーが自社製品の検査のために決められたものがあります。

表1 人工汗液
化学組成 JIS L0848:2004 ISO 105-E04 AATCC15
-2002
ATTS
酸 性
人工汗液
アルカリ性
人工汗液
酸 性
人工汗液
アルカリ性
人工汗液
酸性
人工汗液
酸 性
人工汗液
L-ヒスチジン塩酸塩
一水和物
(C6H9O2N3・HCl・H2O)
0.5g 0.5g 0.5g 0.5g 0.25±0.001g 0.5g
塩化ナトリウム
(NaCl)
5g 5g 5g 5g 10±0.01g 5g
リン酸二水素ナトリウム
二水和物
(Na2HPO4・2H2O)
2.2g 2.2g 2.5g
リン酸水素二ナトリウム12水塩
(Na2HPO4・12H2O)
5g 5g 5g
無水リン酸水素
ナトリウム
(Na2HPO4)
1±0.01g
85%-乳酸
CH3-CH(OH)-COOH
1±0.01g 5g
0.1mol/Litter-
水酸化ナトリウム
(0.1mol/Litter-NaOH)
15ml 25ml
DL-アスパラギン酸
(C4H7NO4)
0.5g
D-パントテン酸
ナトリウム
(C9H16NNaO5
5g
無水ブドウ糖
(C6H12O6
5g
pH 5.5 8 5.5 8 4.3±0.2 3
全量(水を加えて) 1Litter 1Litter 1Litter 1Litter 1Litter 1Litter
AATCC:米国・繊維化学染色協会,The American Association of Textile Chemists and Colorists (AATCC)
ATTS:繊維製品技術研究会(略称「ATTS」:Association for Textile Technical Study
http://www.atts.ne.jp/index.htm


  表2 人工土(高松油脂(株)SRM、SRD試験法より)
化学組成 市販薬品名 配合比(重量)
二酸化ケイ素
SiO2
Tokusil UR (徳山ソーダ) 60%
酸化アルミニウム
Al2O3
AC-21 (Sumitomo Aluminium Smelting) 15%
酸化鉄(Ⅲ)
Fe2O3
七宝印(森下弁柄工業) 12%
酸化カルシウム
CaO
粉末生石灰(丸尾カルシウム) 10%
酸化マグネシウム
MgO
キョウワマグ150(協和化学工業) 3%
※上記組成を10g/Litterまたは100g/Litterの水分散液にして試験に供する。


※写真「泥遊びをした少年」は、著作権フリーサイト
(http://www.ashinari.com/2009/05/31-021435.php)より転載しました。

 問い合わせ:新潟県工業技術総合研究所 素材応用技術支援センター
      TEL 0258-62-0115




バナースペース