本文へスキップ

新潟県工業技術総合研究所は、工業系の技術支援機関です。

Topページ > 素材応用技術支援センター > 素材応用技術支援センター技術・トピック掲載コーナー
      > 「マンガン絣を用いたYシャツ(第一ニットマーケティング株式会社)」 ~第2回~

「マンガン絣を用いたYシャツ(第一ニットマーケティング株式会社)」~第2回~


  見附市では、繊維産業の優れた技術を市内外にPRし、地域振興にもつなげることを目的に、見附オリジナルのクールビズシャツM.T.Kを官民協力の下に開発しました。市役所内に設けられたプロジェクトチームが中心となり、生地は(株)クロスリードが、縫製・販売などは第一ニットマーケティング(株)が協力しました。

             
        
※画像をクリックすると高解像度画像が表示されます。

【マンガン絣とは】
 手間がかかり高価な絣織に対して、手軽に絣模様が楽しめる染絣として、マンガン絣は見附市で誕生しました。大正4年、見附の有力機業家であった矢島丑松氏が、県立染織試験場(現 素材応用技術支援センター)の根本正七氏の指導を受け商品化に成功しました。

 原理的には、マンガン染めした糸で織られた布帛の上にアニリン糊で紋様を捺染するとアニリンがマンガンにより酸化縮重合され、紋様部分にだけアニリンブラックが形成されるというものです。

 この技術の特徴は、非水溶性の酸化マンガンを繊維中に均一に含浸させる工程、すなわちマンガン染めにあり、マンガン絣という名前の由来にもなっています。現在マンガン絣の生地を手掛けるのは、世界で唯一(株)クロスリードだけになっています。


             
        マンガン絣を用いたYシャツを着用した泉田知事
     (知事とのタウンミーティングin見附にて:知事公式HPより)

【参考】
・第一ニットマーケティング(株)HP http://www.echigo.ne.jp/~dkm/
・見附市HP http://www.city.mitsuke.niigata.jp/7159.htm
・知事公式HP http://chiji.pref.niigata.jp/2013/08/post-8961.html
・マンガン絣の詳しい説明 http://www.iri.pref.niigata.jp/25new12.html


 お問い合わせ
 新潟県工業技術総合研究所  素材応用技術支援センター
   TEL 0258-62-0115



バナースペース