本文へスキップ

新潟県工業技術総合研究所は、工業系の技術支援機関です。

Topページ > 素材応用技術支援センター > 素材応用技術支援センター技術・トピック掲載コーナー
      > 「保温・透湿力に優れた防寒健康肌着(栃尾ニット株式会社)」 ~第3回~

「保温・透湿力に優れた防寒健康肌着(栃尾ニット株式会社)」 ~第3回~



【開発品の概要】

 栃尾ニット(株)では、ポリ塩化ビニール(PVC)繊維を用いた独自の編み方を開発し、保温力及び透湿力に優れた防寒肌着を製造しています。

 表地には汗を吸収・放出する作用に優れたアクリルとラムウールを、裏地には最高の保温力と透湿性をもったPVC繊維を使用し、独自の三重編み構造となっています。さらに特殊ウエーブ加工を施すことで生地自体に空気層を作り、重ね着したような暖かさを感じることができます。また、消臭や静電気抑制機能を持った繊維も編み込まれ、機能性の向上を図っています。

 エベレスト登山に用いられたことで評判となり、テレビショッピングやインターネット通販等においてヒット商品となっています。

        
        ※画像をクリックすると高解像度画像が表示されます。

【ポリ塩化ビニール(PVC)繊維について】
・熱伝導率が低く保温性が高い
・吸水率が低くマイナスの静電気を帯びやすい
・難燃性だが耐熱性は低い
・1950年代に開発された(ロビロン(仏ローヌ・プーラン社)、テビロン(帝人))

【参考】
・栃尾ニット(株)HP  http://www.tochio-knit.jp/index.html
・健繊(株)HP  http://www.kensen.co.jp/


 お問い合わせ
 新潟県工業技術総合研究所  素材応用技術支援センター
   TEL 0258-62-0115



バナースペース