Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(化学系) > プラズマ発光分光分析装置

設備機器情報


設備名称 プラズマ発光分光分析装置
メーカ・
型式
サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)製
iCUP 6300DUO
用途  溶液化した分析試料にプラズマのエネルギーを外部から与えて、原子を励起します。発生する発光線を測定し、成分元素の種類と含有量を求めます。多元素の同時分析が可能です。
 試料中の組成分析、微量不純物元素の検出および定量ができます。主に、鉄鋼、非鉄金属、鉱物、セラミックスなどの分析に用いられます。
仕様 測定感度 数ppm-数ppb 
最大出力 1.5W
石英三重管トーチ、同軸型ネブライザ、オートサンプラー、フッ酸試料導入キット、水素化物発生装置、マイクロウェーブ試料分解装置
利用料金 ¥1,550 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 2008/01
設置場所 下越技術支援センター