Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(化学系) > 自記分光光度計

設備機器情報


設備名称 自記分光光度計
メーカ・
型式
㈱日立製作所製
U-3210
用途 基準光源を回折格子で分光した可視~紫外域の単一波長光を透過性のある溶液またはフィルムに当て、その透過率を測定します。
・水溶液中のホルムアルデヒドをはじめとした各種成分の定量や織編物の紫外線カット率の測定などを行っています。
・付属の積分球装置(150φ)と色彩解析プログラムにより反射率測定、色差計算も行えます。
仕様 190~900nm,積分球(150φ),色彩解析プログラム
利用料金 ¥1,350 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 1988/09
設置場所 素材応用技術支援センター