Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(化学系) > 赤外分光光度計

設備機器情報


設備名称 顕微赤外分光光度計
メーカ・
型式
パーキンエルマージャパン(Perkin Elmer Japan)製
フーリエ変換赤外分光分析装置Spectrum One 顕微IR分析装置MultiScope
用途 有機化合物に赤外線をあてると、官能基や構造に応じて固有の吸収スペクトルが得られます。そのスペクトルから物質の同定を行う装置です。
・樹脂材料の同定や各種異物(例:製品に混入した異物や付着した油分など)の分析に利用されます。
・[特殊]無機物(例:酸化物、樹脂中のフィラー等)の分析にも利用できます。
仕様 フーリエ変換赤外分光分析装置Spectrum One
測定範囲    :7800-350cm-1
分解能     :0.5-64cm-1
SN比      :30000:1
光学系     :乾燥密閉型
ビームスプリッタ:Ge/KBr
検出器     :FR-DTGS/KBr窓
付属品     :一回反射ATR(ダイヤモンド・ゲルマニウムクリスタル)

顕微IR分析装置MultiScope
SN比      :4000:1(p-p)
観察システム  :CCDビデオカメラ
アパーチャ   :測定対象部分とマスキング下部分の両方を同時に観察できる
顕微鏡の制御  :可視顕微鏡と類似の租調・微調。赤外と可視、また透過と反射の切り替え
サンプルアクセス:前面開口デザインより前方および左右の3方向からサンプルステージにアクセスできる
         20mm以上の高さ方向のサンプル操作空間を確保
         下部カセグレンは取り外しが可能で厚さ35mmまでのサンプルの測定ができる
利用料金 ¥1,370 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 2004/03
設置場所 下越技術支援センター