Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(化学系) > 炭素硫黄分析装置

設備機器情報


設備名称 炭素・硫黄同時分析装置
メーカ・
型式
㈱堀場製作所製
EMIA-920V
2
用途 微量の金属材料を高周波溶融し、発生するガスを赤外線で定量することによって、材料中の炭素と硫黄の含有量を分析する装置です。
・主に、JISに規定された鉄系金属中の炭素と硫黄の判定(定量)に用いられます。
・[特殊]土壌など金属以外の、炭素及び硫黄の含有量を測定できる場合もあります。
仕様 高周波加熱炉方式 炭素:0~6wt%, 硫黄:0~1wt%
利用料金 ¥1,730 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 2015/03
設置場所 中越技術支援センター