Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(化学系) > 熱分析装置

設備機器情報


設備名称 熱分析装置
メーカ・
型式
㈱島津製作所製
島津熱分析装置50シリーズ
用途 熱分析
○DSC:示差走査熱量測定(Differential Scanning Calorimetry)。
加熱又は冷却による比熱や熱量の変動を測定する。

 TMA:熱機械分析(Thermo Mechanical Analyzer)。
加熱又は冷却による機械的性質の変化を測定する。ジグ変更により引張り、針入れの各試験が可能。
以下の各種測定が可能。
    ・定速荷重測定(±0.1g/min~±999g/min) ・定速伸長測定(±0.01mm/min~±1.25mm/min)
    ・収縮応力測定(最大100g又は500g) ・周期荷重測定(0.001Hz~1Hz)

○DSC:各種材料の融点測定。ブレンド試料の融解ピーク面積比較によるブレンド比率解析を行っている。
クレーム品の熱履歴比較など。

 TMA:フィルムや糸などの熱寸法変化測定。針入れ法による軟化点測定。

・試験環境を窒素ガス中で行うことも可能。
仕様 DSC:室温~725℃、TMA:室温~1000℃、±2500μm
利用料金 ¥1,330 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 1993/10
設置場所 素材応用技術支援センター