Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(電気・電子系) > 絶縁耐圧試験器

設備機器情報


設備名称 耐電圧試験器
メーカ・
型式
菊水電子工業㈱製
TOS5101
用途 JIS,UL,CSA等の規格による電子機器の耐電圧試験、絶縁抵抗試験が実施できます。
仕様 ■試験電圧
印加電圧:0~5/0~10kV
最大定格出力:AC 500VA/5kV・100mA
       DC 50W/10kV・5mA
トランス容量:500VA
波形:商用電源波形
電圧変動率:15%以下(最大定格負荷→無負荷にて)
スイッチング:ゼロ投入スイッチ使用
リップル(DC):10kV無負荷 100Vp-p(TYP)
        最大定格出力200Vp-p(TYP)

■出力電圧計
デジタル電圧計:フルスケール AC/DC 5kV f.s /10kV f.s
確度 ±1.5% f.s
アナログ電圧計:フルスケール AC/DC 10kV f.s
確度 ±5% f.s

■デジタル電流計
確度:上限基準値の±(5%+20μA)

■良否判定機能
ウィンドウ・コンパレータ方式
○FAIL判定
●上限基準値以上の電流を検出した場合
●検出した電流値が下限基準以下の場合
 (FAIL判定時にFAIL信号を発生)
○PASS信号
●設定時間経過後、異常がない場合
上限基準値設定範囲:AC 0.1~55mA
          DC 0.1~5.5mA
下限基準値設定範囲: AC 0.1~55mA
DC:0.1~5.5mA
判定確度: 上限基準値に対し±(5%+20μA)
電流検出方法:電流絶対値を積分し、基準値と比較
校正:純抵抗負荷を用い正弦波の実効値で校正
検出に必要な無負荷出力電圧: AC 50mA設定にて約970V
DC 5mA設定にて約160V

■試験時間
設定範囲:0.5~999s (タイマーオフ機能付き)
確度:±20ms

■リモートコントロール機能
スタート/ストップの操作を下記の場合にコントロールできる。
○オプションのリモートコントロール・ボックスを使用のとき
○オプションの高圧テストプローブを使用のとき
○リレー/スイッチなどのメーク接点で制御するとき
○論理素子などによるローアクティブ制御のとき

■インターロック機能
インターロック信号が入力されると試験が実行できない状態[PROTECTION状態]になる。

■電源
100V ±10%、50/60Hz 

■消費電力
無負荷時:50VA以下
定格付加時:約610VA

■寸法( )は最大部
430(435)W×177(195)H×370(450)Dmm

■質量(電源電圧100V仕様時)
約21kg 

■付属品
1:高圧テストリードTL03-TOS
 (最大使用電圧 10kV/1.5m)
2:高圧テストリードTL01-TOS
 (最大使用電圧 5kV/1.5m)
3:14ピン アンフェノールプラグ(組立式)
利用料金 ¥1,340 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 2006/02
設置場所 県央技術支援センター