Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(電気・電子系) > 電波暗室(次号に掲げるものを除く。)

設備機器情報


設備名称 電波暗室(1GHz以下)
メーカ・
型式
㈱トーキン製
ALC-3W(特別仕様)
用途 各種EMC規格に準拠したEMI測定およびイミュニティ試験が可能。EMC測定システムを併用。

1.EMI測定
・放射電界強度測定
・磁界強度測定

2.イミュニティ試験
・放射電界イミュニティ試験
仕様 1.基本仕様
 壁,床,天井の6面にフェライト電波吸収体を設置した全無響室
 EMI測定時にはシート状のグラウンドプレーンを敷設
 アンテナ-供試装置間の距離:3m
 周波数範囲:150KHz~1GHz

2.寸法
 外形寸法:長さ7.2m × 幅4.1m × 高さ3.4m
 電波暗室内有効寸法:長さ6.9m × 幅3.8m × 高さ2.95m
 ドア寸法:幅1.0m × 高さ2.0m (片開き式ドア,入口に0.2mの段差あり)

3.ターンテーブル
 MODEL-5982 埋込型
 直径:1.2m
 耐荷重:250Kg
 回転速度:1rpm及び3rpm
 無限回転可能
 
4.アンテナマスト
 MODEL-5972 天井吊り下げ型
 昇降範囲:1~2m (簡易電波暗室のため高さ制限あり)
 固定式のため供試装置間の距離変更は不可

5.供試装置への給電能力
 電圧範囲:単相0~240V (スライダックにより可変)
 最大電流:25A
 周波数:50Hz

6.付帯設備
 貫通穴:直径0.1m(電波暗室と測定室間のインタフェース)
 インタフォン:1台(電波暗室と測定室の通話用)
 電波暗室内監視カメラ:1台
利用料金 ¥1,410 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 1992/12
設置場所 下越技術支援センター