Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(機械系) > X線回析装置

設備機器情報


設備名称 X線回折装置
メーカ・
型式
㈱リガク製
ビルドアップ型多機能X線回折装置 RINT-UltimaIII
用途 X線の回折現象を利用し、結晶質の格子面間隔を測定します。
・格子面間隔は物質の結晶構造、成分によって固有なので、データベースを検索することで、物質を同定できます。結晶質であれば、金属、セラミックス、鉱物などの定性分析ができます。
仕様 集中法・平行ビーム法 :各種のアタッチメントによる多種多様な粉末測定
微小部   :試料面上の特定部位における測定
薄膜    :反射率測定、ロッキンカーブ測定、逆格子マップ測定
薄膜(インプレーンアーム搭載時):試料面内方向の逆格子マップ測定、インプレーンアームを使った極点測定
高速2次元X線検出器 D/teX-25:高速X線検出器の搭載により、従来の数10倍のスピードで測定が可能になります。
利用料金 ¥1,350 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 2005/02
設置場所 下越技術支援センター