Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(機械系) > レーザ顕微鏡

設備機器情報


設備名称 レーザー顕微鏡
メーカ・
型式
オリンパス(株)製
3D測定レーザー顕微鏡 OLS4100-SAT
用途 ・凹凸のある試料表面でも、視野全体の焦点のあった観察像(モノクロ・カラー)が撮影できます
・観察表面の微細形状を非接触で三次元測定し、寸法・形状の評価、表面粗さの評価ができます
仕様 観察原理:ピンホール型共焦点レーザー顕微鏡+カラーCCD顕微鏡
観察光源:405nm半導体レーザー(クラス2)+白色LED
表示倍率:108~17280倍(モニター上)
視野範囲:2560~16μm
対物レンズ:5x,10x,20x,50x,100x(専用低収差レンズ)、20x,50x,100x(汎用長作動レンズ)
作動距離(W.D.):精密測定時(対物レンズ50x以上)0.35mm
表面粗さ:ISO25178、JIS B0601-2001やJIS B0601-1994のパラメータ評価(換算値)
対応できる試料の目安:3kg未満、10cm立法体より小さいこと、観察個所の周囲に作動距離以上の凹凸がないこと
利用料金 ¥1,560 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 2014/01
設置場所 県央技術支援センター