Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(機械系) > 硬さ計

設備機器情報


設備名称 ロックウェル硬度計
メーカ・
型式
㈱明石製作所製
ATK-F3000
用途 円錐形または球形の圧子で、試料表面に所定の荷重を加えたときのくぼみの深さから硬さを求めます。はじめに基準荷重を加えてから測定するため、比較的、試験片の表面状態の影響を受けにくいことが特徴です。主に、金属材料等の硬さ測定に使用します。
・試験規格:JIS Z 2245 ロックウェル硬さ試験-試験方法
仕様 ・圧子の種類:円すい形ダイヤモンド、鋼球(1.5875mm)
・試験荷重:147.1~1471N(15~150kgf)
・スケール:A,B,C,F,G(ロックウェル硬さ),15N,30N,45N,15T,30T、45T(ロックウェルスーパーフィシャル硬さ)
利用料金 ¥1,330 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 1990/01
設置場所 下越技術支援センター