Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(機械系) > 三次元座標測定機

設備機器情報


設備名称 三次元測定機
メーカ・
型式
カールツァイス㈱製
UPMC 550 CARAT
用途 ワークの縦、横,高さの座標を同時に測定する装置で、寸法や幾何学値を 計算、出力します。また三次元曲面の形状測定 、評価が可能です。
部品の寸法精度の検査等に用いられ、真円度、同芯度、平行度なども算出できます。
自動車のエンジンブロックなどの精密機械部品や金型、プロペラなど複雑で立体的なワークの測定に用いられ 、CADデータをもとにして測定、評価を行うことができます。
仕様 精度 u1=0.5+L/900(μm)
    u3=0.8+L/600(μm)
 測定範囲 500×550×450
利用料金 ¥1,750 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 1995/11
設置場所 下越技術支援センター