Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(機械系) > 実体顕微鏡(デジタルマイクロスコープ)

設備機器情報


設備名称 デジタルマイクロスコープ
メーカ・
型式
ハイロックス製
KH-7700
用途 試料を拡大観察する装置で、観察画像を電子データで保存することが可能です。高さ方向に微動しながら観察した複数枚の画像を合成することで、凹凸物の全面に焦点が合った画像を得ることが出来ます。さらに、長さ、面積、高さなどの簡易的な寸法測定が可能です。
・製品の欠陥部やキズを拡大観察し、クレーム原因の解明に利用できます。
・微細な部品等を拡大観察して、形状や表面性状の確認に適しています。
仕様 倍率:20~7000倍
利用料金 ¥1,350 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 2007/03
設置場所 下越技術支援センター