Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(機械系) > 真円度測定機

設備機器情報


設備名称 真円度測定機
メーカ・
型式
ランクテ-ラ-ホブソン㈱製
タリロンド 300
用途 ・測定物の真円度や円筒度、同軸度、同心度などの幾何偏差を測定する装置であり、回転機構を持ち、接触式検出器によって被測定物の円周方向の半径の変化、または円周方向および軸方向の半径の変化を測定します。
・被測定物にはポールやシャフト、部品等の円形の穴などがあり、軸や軸受などの機械の回転運動する部分に用いられる機械要素の形状や回転精度を評価する指標として用います。
仕様 最大直径300mm,最大高さ500mm 最大荷重 50kg
利用料金 ¥1,430 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 1992/10
設置場所 下越技術支援センター