Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(機械系) > 万能材料試験機

設備機器情報


設備名称 精密万能試験機
メーカ・
型式
㈱島津製作所製
AG-250kNI
用途 [用途]様々な材料、製品の強度試験を行います。
[試験内容]引張試験、圧縮試験、曲げ試験、引き裂き試験、せん断試験など
仕様 ロードセル容量:250kN、20kN、1kN
※ 当該試験機器はJCSS登録事業者(MRA対応)による校正を実施しています。
最大ストローク:800mm
引張試験治具:
・250kN用つかみ歯:板材t0~25.5mm、棒材φ4~30mm、幅55mm、長さ75mm、硬度HRC40以上
・20kN用つかみ歯:板材t0~21mm、棒材φ4~20mm、幅25mm、長さ55mm、硬度HRC40以上
・1kN用エアチャック:板材t0~5mm、歯の幅65mm、歯の長さ30mm
※ 引張試験を行う場合は試験品のつかみ部をつかみ歯でつかめる形状にし、つかみ歯より硬くしないで下さい。
圧縮試験治具:圧縮盤φ100mm、表面硬度HRC60、最大荷重250kN
恒温槽 TCH-382:温度範囲 室温+10~250℃、最大ストローク:300mm、ロードセル容量:20kN
ビデオ非接触伸び計 DVE-200:レンズのf値と視野:f50(46~63mm)/f25(52~141mm)/f16(92~220mm)/f6.5(210~540mm)、相対誤差±1%
接触式伸び計 SG50-50:標点距離50mm、伸び測定範囲50%まで、丸棒φ20mmまで・平板t16mm×w25mmまで
専用ソフトウェア TRAPEZIUM2
利用料金 ¥1,400 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 2000/02
設置場所 下越技術支援センター