Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(木材系他) > 光沢度計(グロス計)

設備機器情報


設備名称 光沢度計
メーカ・
型式
㈱堀場製作所製
IG-320
用途 正反射光の投受光素子を用いて、屈折率1.567であるガラス表面における入射角60°の反射率10%を光沢度100(%)として算出表示します。
・JIS Z 8741に準拠した光沢度( 60°)の測定
仕様 概要:
物の表面に当たった光が正反射する属性を光沢と言い,その程度を表わす量を光沢度と言います
IG-320は、この光沢度を数値化する装置です。

光学系:入射角60°-受光角60°
測定面積:12×6mmの楕円
光源:LED(波長880nm)
測定範囲:0~100.0
表示範囲:0~199.0(分解能0.1)
再現性:±0.5%F.S. ±1digit以内
利用料金 ¥1,330 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 1993/10
設置場所 県央技術支援センター/加茂センター