本文へスキップ

新潟県工業技術総合研究所は、工業系の技術支援機関です。

Topページ > 競輪(公益財団法人JKA)補助事業 H29年度整備機器

 競輪(公益財団法人JKA)補助事業

 下記設備は競輪((公財)JKA)の補助事業(機械振興補助事業 )により設置しました。

設備名称 ガスクロマトグラフ質量分析装置
メーカ・
型式
アジレント・テクノロジー(株)製 Agilent 7250 GC/Q-TOF
用途 ガスクロマトグラフ質量分析装置は、試料に熱をかけて揮発したガスを分離し、そのガスの成分や質量を測定することで、試料に含まれる物質の種類を特定します。各種規制に係る化学物質の分析、材料開発に係る分析、クレーム処理等に対応した原因物質の特定などの用途に利用できます。
仕様 ・GCオーブン温調:室温+4~450℃
・イオン化方式:電子衝撃法、ソフトイオン化機能(Low-Energy EI)
・質量範囲:最大20-3,000 m/z
・採取レート:1~50 Hz
・TOF質量分解能(m/z 271.9867):>25,000
・TOF質量精度:<2 ppm RMS


ガスクロマトグラフ質量分析装置
利用料金 【依頼試験】
  a 液体注入法 14,330円/1試料1測定
  b 熱分解法   21,860円/1試料1測定
  c ヘッドスペース法  23,880円/1試料1測定
  d MS/MS法による分析の追加  28,680円/1試料1測定1親イオン
  e 質量スペクトルの解析の追加  4,790円/1試料3成分まで
                  1,370円/1成分増すごとに

※ 試験装置の管理上、「機器貸付」の対応はいたしません。
設置年度 平成29年度
設置場所 下越技術支援センター