Topページ > 設備機器一覧 > 設備機器情報(機械系) > 工具顕微鏡

設備機器情報


設備名称 非接触座標測定システム
メーカ・
型式
OKM㈱製
ZKM250CNC/W全自動精密光学式WSE
用途 正確な倍率で拡大された精密部品等を、像面に設けられたテンプレートと比較して測定します。したがって、通常の顕微鏡とは異なり、対物レンズは正確な倍率に調整されています。最近は、視野内測定よりも長さ測定や座標測定が主体です。
・機械部品、工具、ゲージなどの工業製品の微細部分の寸法測定に用います。
仕様 ホリゾンタル回転角度測定用コントローラ付、双眼式 測定ヘッド及びDBAデジタルイメージアナライザー付
測定範囲 X250 Y125 Z180
測定システム(分解能)0.1μm
測定精度U1(μm)(10×レンズ使用時)1.4+L/450
    U2(μm)(10×レンズ使用時)2.0+L/360 L=測定長さmm
被測定物(最大質量Kg) 50
利用料金 ¥1,460 円/時間(県外居住者の場合、5割加算となります。)
外観
導入年月 1999/01
設置場所 下越技術支援センター