競輪((財)JKA)補助設備
  下記設備は競輪((財)JKA)の補助事業(機械工業振興補助事業)により設置しました。
設備名称 顕微レーザーラマン分光光度計
メーカ・型式 日本分光梶@NRS-3100
用途 物質特有のラマン散乱光から、試料中の分子の結合状態についての情報を得ることができます。
1μm程度の微小領域の測定も可能で、金属表面腐食、セラミックス、鉱物、炭素材料、樹脂などの分析に利用できます。
レーザーの偏光を利用して結晶軸、結晶面、分子配向の状態について調べることができます。
仕様 『測定波長範囲』
   50〜8000cm-1
『最高分解能』
   1cm-1(532nm励起時)
『標準搭載レーザ』
   グリーンレーザ(532nm)
『外部レーザ』
   LDレーザ(785nm)

外観
利用料金 【依頼試験】
 2,620円/試料
【機器貸付】
 1,770円/時間
設置年度 平成17年度(完了報告書
設置場所 下越技術支援センター
 
Copyright(C)2007 IRI . All rights reserved.