JKA
  下記設備は競輪((財)JKA)の補助事業(機械工業振興補助事業)により設置しました。
設備名称 炭素硫黄分析装置
メーカ・型式 株式会社 堀場製作所 EMIA-920V
用途 工業材料の炭素(C)と硫黄(S)を極微量域から高濃度まで広範囲を、高精度に定量分析を行うことが出来る。
仕様

『測定方式』
 酸素気流中高周波加熱-赤外線吸収法
『測定範囲』
 炭素(0〜6%m/m)、硫黄(0〜1%m/m)
『感度』
 酸素・硫黄共0.01ppm


装置写真
外観
利用料金 【依頼試験】 炭素硫黄分析
 4,860円/試料・1成分

【機器貸付】
 1,690円/時間
設置年度 平成20年度 (完了報告書
設置場所 下越技術支援センター
 
Copyright(C)2009 IRI . All rights reserved.